ABCDEFG DIARY TOP <<

ABCDEFG日記

| TOP | Diary Menu | COLUMN | CAT | More Old Diary |

2012年09月28日

数億年データ保存が可能なデジタル石板

日立製作所と京都大学工学部が共同で石英ガラスの内部にCD並みの容量のデータを記録、再生する技術を開発したとのことです。高温劣化加速試験結果から推測すると数億年程度はデータ保存が可能らしいです。ちなみに現行のCDのデータ保持寿命は30年程度(乾燥冷暗所保存で100年程度)なので全く桁違いの長寿命です。数億年先の未来にデータをそのまま残せると考えると夢がありますね。写真でも動画でも何でも全く劣化なく遠い遠い未来に残せるわけです。でも。数億年後に誰がそのデータを再生するのだろうか?そもそも人類は居るんだろうか?
詳細はこちら:日立製作所ニュースリリース
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2012/09/0924.html
posted by efu at 17:54 | 気になるニュース