ABCDEFG DIARY TOP <<

ABCDEFG日記

| TOP | Diary Menu | COLUMN | CAT | More Old Diary |

2015年11月05日

とろけるテスラコイル

テスラコイル実験中にコイル(2次コイル)がグニョグニョ溶けてきました。

p151105181556.jpgp151105181614.jpg

1次コイルには大きな電流を流すので発熱は予想していましたが、GNDと先端の金属体(トロイド)以外何も接続していない2次コイルが発熱するとは思っていませんでした。注入電力数十ワット程度でプラスチック(ポリプロピレン)製ボビンが溶け出すとは正直驚きです。共振時においては予想外に大きな電流が2次コイルに流れるためなのか、誘電加熱のような作用のためなのか・・

とにかくコイルを巻き直さないと実験続けること出来ませんので、次期試作コイルはと溶けない材質のボビンを使用しようと思います。


posted by efu at 18:39 | 日記のようなもの